警備・防災業務

警備・防災業務は、ビルの安全を守る業務です。ビルに警備員が常駐し、日常的に防犯・防火業務に努めています。近年ではビル内の防犯・防災設備も自動化・システム化が進んでいて、立哨や巡回などの業務のほか、防災センターにおける防災監視装置の監視・制御、それに基づく異常事態への緊急対応業務が重要性を増しています。このような状況から、防災センター従事者には専門的で、管理的な知識・技術が必要になってきています。
警備業は警備員の教育など、警備業法に定められた一定の基準を順守できる認定業者だけしか営業することができません。また防火管理業務には、消防計画の作成や各種の消防用設備の点検・維持管理などの業務がありますが、これらは消防法の規定に基づいて実施されます。
ビルメンテナンスではこれらの警備業務防火管理業務を、設備管理清掃管理などの常駐管理のなかで、一体となって遂行しています。


警備・防災業務の体系と当社保有の主な資格

警備・防災業務の体系イメージ






ページの先頭に戻る