設備管理業務他

設備管理業務はビル内にある数多くの設備機器の運転・監視、点検、整備、保全および記録の分析・保存をする業務です。
最近のビル設備機器は、コンピュータによって管理され、ほとんどが自動的にコントロールされ、監視も中央監視盤で行われるようになっています。電気・空調関係の設備をはじめ、各種ビル設備を運転するためには、それぞれ個々に法定の資格者が必要とされていますが、このようにビル設備がコンピュータ化され、システム化されてくると、設備機器全体に対する知識を持ち、その有機的連関をコントロールする技能が必要になってきました。

当社ではこれまでの豊富な実績と高度なノウハウを活かして、設備の保守管理ビルマネジメント業務など多彩なニーズにお応えしています。


設備管理業務他の体系と当社保有の主な資格

設備管理業務他の体系イメージ






ページの先頭に戻る